介護のために揃えておくべきもの|お年寄りニコニコライフ

得られるサービス

介護が必要な方も元気な方も入居できる

誰もが年老いていき、自分自身や親族の介護について考えるようになります。現在は数多くの介護施設がありますが、その違いについてよくわからないのが本当のところです。介護施設の違いについて知り、その知識を今後の為に役立てましょう。今回は有料老人ホームについてみていきましょう。有料老人ホームには介護が必要な方だけではなく、健康な方が入居できる老人ホームがあります。有料老人ホームには介護が必要な方には高齢者が安全に暮らせるように配慮し、食事や介護、掃除、洗濯等のサービスがついています。入居に際しての料金も利用する方の所得を考えた有料老人ホームも増えてきています。健康な方は1人暮らしの不安が解消され、介護が必要な方にとってはスタッフがいることで安心します。

有料老人ホームの種類

有料老人ホームには大きく分けて、介護付き、住宅型、健康型有料老人ホームの3つの種類があります。介護付き有料老人ホームは65歳以上の介護を必要とする方が対象です。食事や健康管理、介護等のサービスが受けることができ、介護のスタッフが常駐しています。住宅型有料老人ホームは食事と日常生活の援助のみを受けることができる施設です。介護のスタッフは常駐していない為、介護サービス等を施設以外の他の業者に依頼する必要がありますが、自分で受けたい介護サービスを選択できるという利点があります。健康型有料老人ホームは介護の必要がない方向けの施設で、食事のサービスは受けることができますが、介護が必要になった時は施設を退去しなければいけません。各施設の利用料金には違いがあります。入居される方の状態に応じて選択しましょう。